• マメに生きる でん六からのメッセージ
  • 商品一覧
  • 安心・安全への取り組み
  • アレルゲン検索
  • 原料産地について
  • よくあるご質問
川田 勘四郎先生の 四季折々の蔵王情報
今月の情報
バックナンバー
今月のプレゼント情報
でん六メールマガジン
医学博士 井上浩義教授の知っトク!ピーナッツパワー Cook de ピーナッツ編
医学博士 井上浩義教授の知っトク!ピーナッツパワー
蔵王の森から

四季折々に表情を変える蔵王の雄大な眺めにちなみ、蔵王の森工場という名称になりました。

私たちが蔵王を選んだ理由 蔵王の森工場 工場見学予約状況

川田 勘四郎先生の 四季折々の蔵王情報
トップページ > 川田勘四郎先生の四季折々の蔵王情報
川田勘四郎先生の四季折々の蔵王情報
2018.11
とおくに聳える朝日連峰

 11月初旬の山並みは、山裾に紅葉を残しながら初雪の便りの聞かれる季節となってきます。湿原のほとりの草むらは真っ白な霜に覆われ、水面は薄い氷の模様がきらりと光ります。地塘の畔を歩くと、サク・サクと霜柱を踏みしめる音が心地よく感じます。
 林や森の中は、木々の梢が真っ白に耀く霧氷に覆われています。蔵王坊平高原、御田の神湿原での晩秋の冷え込みにより鮮やかに色づいたチングルマの葉が、霜に覆われた美しさを忘れることなく、また山に誘われていきます。山の頂・足元の白い雪が、遠くに聳える山並みの耀きがより美しく感じられます。

チングルマの葉 真っ白に耀く木々の梢 湿原