• マメに生きる でん六からのメッセージ
  • でん六SDGs でん六とシアワセのマメ
  • 商品一覧
  • 安心・安全への取り組み
  • アレルゲン検索
  • 原料産地について
  • よくあるご質問
川田 勘四郎先生の 四季折々の蔵王情報
今月の情報
バックナンバー
今月のプレゼント情報
でん六メールマガジン
山形・金山町産落花生 ビーナッツ
医学博士 井上浩義教授の知っトク!ピーナッツパワー Cook de ピーナッツ編
医学博士 井上浩義教授の知っトク!ピーナッツパワー
蔵王の森から

四季折々に表情を変える蔵王の雄大な眺めにちなみ、蔵王の森工場という名称になりました。

私たちが蔵王を選んだ理由 蔵王の森工場 工場見学予約状況

川田 勘四郎先生の 四季折々の蔵王情報
トップページ > 川田勘四郎先生の四季折々の蔵王情報 今月の情報
川田勘四郎先生の四季折々の蔵王情報
2022.08 今月の情報
コマクサと高く聳える鳥海山

 梅雨明けが宣言されたはずなのに、連日の雨。一時の晴れ間の早朝、熊野山頂を目指して行きました。透き通る様な素晴らしい好天に恵まれました。遠くに聳える飯豊連峰・朝日連峰・月山・葉山・鳥海山、蔵王から見える外輪山の全てを見る事ができました。そしてちょっぴり早いコマクサの花が咲き誇り始めていました。
 熊野岳稜線は多くの登山者で賑わっていました。家族連れの子供達が元気よく凧上げをして楽しんでいて、家族達は百名山の完登を目標にしていると意気込んでいました。登る途中には、オタマキ・オノエラン・コメバツガザクラ、秋に咲く花シラネニンジン・タカネコウボウ等が開花の準備を始めていました。
※上記写真:中央奥の山並み(地蔵山・瀧山・三宝荒神山・鳥海山(遠方高く聳える))

ナナカマドの花とお釜(1)ナナカマドの花とお釜 凧上げ(2)凧上げ 食虫植物モウセンゴケ(3)食虫植物モウセンゴケ

(1)ナナカマドの花とお釜

ナナカマドは標高差の広い範囲内に分布しています。平野部では6月中旬頃から、お釜付近(約1,700m)では7月中旬頃から咲き始めます。寒さの厳しい高い山ほど赤が美しく、初冬季の雪の白と赤い実のコントラストが鮮やかです。
7回釜戸に入れても燃え尽きなかった、という名の由来があります。

(2)凧上げ

家族で晴れた空に向かって凧上げを楽しむ様子が見られました。

(3)食虫植物モウセンゴケ

粘々の液体で虫をつかまえ、それを栄養にして生育して咲いています。水面に映る白い花が美しいです。

1944年、山形市蔵王生まれ。約35年間に渡り、四季折々に美しい姿をみせる、蔵王の様々な顔を撮影しています。山形市観光協会・蔵王温泉観光協会・山と渓谷社・自由国民社等のスキー雑誌「蔵王樹氷のすべて」「蔵王山の花」などに写真を提供。でん六カレンダーも手がけています。
1996.12 写真集 樹氷幻想─美しき蔵王 出版