• マメに生きる でん六からのメッセージ
  • 商品一覧
  • 安心・安全への取り組み
  • アレルゲン検索
  • よくあるご質問
川田 勘四郎先生の 四季折々の蔵王情報
今月の情報
バックナンバー
今月のプレゼント情報
でん六メールマガジン
医学博士 井上浩義教授の知っトク!ピーナッツパワー Cook de ピーナッツ編
医学博士 井上浩義教授の知っトク!ピーナッツパワー
蔵王の森から

四季折々に表情を変える蔵王の雄大な眺めにちなみ、蔵王の森工場という名称になりました。

私たちが蔵王を選んだ理由 蔵王の森工場

川田 勘四郎先生の 四季折々の蔵王情報
トップページ > 川田勘四郎先生の四季折々の蔵王情報
川田勘四郎先生の四季折々の蔵王情報
2017.11
初冠雪の蔵王山・イロハ沼より

晩秋、蔵王山の山並みに初雪が降りました。地塘のイロハ沼の水面の凍り(スガ)は、冷え込みが強いほど氷が厚くなります。氷の膨張によって亀裂が入り、その亀裂が盛り上がってきます。水面が冷え込むとよくみられる光景で、冷え込みの象徴でもあります。
知塘の回りを歩いてみると、初冬期に見られる珍しい現象を目にすることができます。もみじの落ち葉の霜模様や、高山植物の茎や葉に着雪した霧氷がとても美しく、季節が移ろう11月だからこそ素晴らしい光景をうつしだしてくれます。

地塘のほとり 植物の葉や茎に凍てつく霧氷 地塘のほとり、
植物の葉や茎に凍てつく霧氷
晩秋の蔵王山連峰に見る初冠雪、童子平より 晩秋の蔵王山連峰に見る初冠雪、
童子平より
紅葉した葉や梢に彩を添える霜模様 安全祈紅葉した葉や梢に
彩を添える霜模様