• マメに生きる でん六からのメッセージ
  • でん六SDGs でん六とシアワセのマメ
  • でん六リクルートサイト 採用情報はコチラ
  • 商品一覧
  • 安心・安全への取り組み
  • アレルゲン検索
  • 原料産地について
  • よくあるご質問
川田 勘四郎先生の 四季折々の蔵王情報
今月の情報
バックナンバー
今月のプレゼント情報
でん六メールマガジン
山形・金山町産落花生 ビーナッツ
医学博士 井上浩義教授の知っトク!ピーナッツパワー Cook de ピーナッツ編
医学博士 井上浩義教授の知っトク!ピーナッツパワー
蔵王の森から

四季折々に表情を変える蔵王の雄大な眺めにちなみ、蔵王の森工場という名称になりました。

私たちが蔵王を選んだ理由 蔵王の森工場 工場見学予約状況

川田 勘四郎先生の 四季折々の蔵王情報
トップページ > 川田勘四郎先生の四季折々の蔵王情報
川田勘四郎先生の四季折々の蔵王情報
2023.12
湯煙る初冬の蔵王温泉街

 蔵王温泉街は初冠雪を迎えました。冷え込んだ早朝には湯けむりと湯の香が漂います。
 12月9日(土)は蔵王温泉スキー場開きが行われる予定です。来年1月中旬にはビッグイベントである女子スキージャンプワールドカップが予定されています。他、樹氷祭り松明滑走など多彩で盛り沢山なイベントが準備されています。
 近年の樹氷は、アオモリトドマツの害虫被害・松枯れによっていつもの風景とは違ってしまいました。少し離れた場所に移動すると、立派な樹氷を目前で見ることが出来ます。樹氷の見頃を迎える前の景色でクローズアップするとしたら何と言っても霧氷です。紅葉落葉樹、ブナ林・ダケカンバ等の梢に漂着する霧氷と紺碧の空とのコントラストは絶景です。中央高原・パラダイスゲレンデ・ユートピアゲレンデからパラダイスへ向かう連絡コースは最高のロケーションです。

ブナ林の霧氷(1)ブナ林の霧氷 ナナカマドの実を啄むウソ(2)ナナカマドの実を
啄むウソ
初滑りを楽しむ(3)初滑りを楽しむ

(1)ブナ林の霧氷

霧氷は放射冷却によって冷え込んだ翌朝にできる時が最も美しい風景です。雪が多く降ると枝や梢に雪が堆積して霧氷とは言えない状況になります。空気中の霧が夜間急激に冷え込むと、空気中の霧が飽和状態から行き場を失って細い枝に付着して凍ってしまいます。

(2)ナナカマドの実を啄むウソ

雪景色のナナカマドも冬の風物だと思っています。たわわに実ったナナカマドは、雪や霜によって冷え込みを繰り返す事によって毒素が抜けていきます。そうすると、ウソ等の渡り鳥の大群が押し寄せて一気に啄ばまれてしまいます。

(3)初滑りを楽しむ

ほとんどのリフトは積雪を待っての営業になりますが、上ノ台リフトや中央高原鳥兜リフトは人工降雪機での雪が積もり次第滑走可能になります。
(2021.12.3、スキー場開きを前にしての写真)