• マメに生きる でん六からのメッセージ
  • 商品一覧
  • 安心・安全への取り組み
  • アレルゲン検索
  • 原料産地について
  • よくあるご質問
慶應義塾大学医学部 井上浩義教授の知っトク!ピーナッツパワー
今月の情報
バックナンバー
今月のプレゼント情報
でん六メールマガジン
医学博士 井上浩義教授の知っトク!ピーナッツパワー Cook de ピーナッツ編
医学博士 井上浩義教授の知っトク!ピーナッツパワー
蔵王の森から

四季折々に表情を変える蔵王の雄大な眺めにちなみ、蔵王の森工場という名称になりました。

私たちが蔵王を選んだ理由 蔵王の森工場 工場見学予約状況

川田 勘四郎先生の 四季折々の蔵王情報
トップページ > 知っトク!ピーナッツパワー「Cook de ピーナッツ編」
【第25回】揚げピーナッツ入り生春巻き
揚げピーナッツ入り生春巻き 

材料(5人前)

揚げピーナッツ入り生春巻き
むき海老 10尾
お酒 大さじ1
塩胡椒 少々
鶏むね肉 1枚
少々
カニカマ 10本
素焼きピーナッツ 60g
落花生(サラダ油) 大さじ1
サニーレタス 5枚
きゅうり 1本
大葉 10枚
ライスペーパー 20枚
スイートチリソース
大さじ2
砂糖 大さじ2
みりん 大さじ2
豆板醤 小さじ1
おろし大蒜 1片
少々
片栗粉 小さじ1
小さじ2
オイスターマヨソース
マヨネーズ 大さじ4
オイスターソース 大さじ1/2
砂糖 大さじ1/2

 

作り方

  1. スイートチリソースの材料を器に合わせ、ラップをかけ電子レンジで加熱。水溶き片栗粉を作り混ぜ合わせ、再び電子レンジで加熱し、ソース完成。
  2. オイスターマヨソースの材料を器に入れ良く混ぜ合わせ、ソース完成。
  3. むき海老を冷凍庫から出しておき、流水で解凍。背ワタがあるものは、包丁で取り出す。ザルに開け、どんぶりに移す。片栗粉を掛けてモミ洗いし、流水で濁りがなくなるまで水洗いし、1尾ずつ海老を手で握り、余計な水分を絞る。
  4. 鍋に深さ3センチ位に水を敷き、お皿を鍋に入れる。お皿の上に海老を置き、塩、胡椒を振って、お酒を入れ全体になじませる。鍋の蓋をして火を掛け、沸騰したら火を止め余熱で5分置いた後、お皿に取り置き。
  5. 冷めてきたら海老を取り出し、胴から尻尾まで縦に1/2にカットする。
  6. 鶏むね肉は幅1センチ位にカットし、厚みがある部分は1/2か1/3にカットする。蒸し器の一番下に水を入れ、二段目にクッキングペーパーを敷いて、その上に鶏肉を並べて軽く塩を振る。蓋をして火にかけ、沸騰してから5分程度加熱して火を止め、お皿に取り置きする。
  7. サニーレタスは水洗い後水切りをして、硬い部分を除き1枚を1/4にカットしてお皿に取り置きする。
  8. きゅうりは水洗いした後、上下端を切り落とし、長さを1/2にカットし、縦に1/2にカット後、1/4ないし1/5に棒状にカットしてお皿に取り置きする。
  9. 大葉は水洗いし、軸をカットし1/2にカットする。
  10. フライパンにピーナッツ油(サラダ油)を敷いて素焼きピーナッツを入れ、動かしながら軽く揚げ冷めたら、皮付のまま胴回り1/2にカットし、お皿に取り置きする。
  11. カニカマは1本を縦1/2にカットする。
  12. フライパンに水を入れ、お風呂温度(41℃)程度に加熱し、ライスペーパーを入れ、数秒表裏返して取り出し、まな板の上に置き、余計な水分をペーパータオルでふき取る。
  13. ライスペーパーにサニーレタス、きゅうり、大葉、鶏肉、海老、カニカマ、揚げピーナッツを入れ、左右も折って巻いていく。フライパンのお湯が冷めたら加熱しておこない、お皿に盛り付けして完成。

※ソースはお好みでスプーンで掛けて召し上がれ。

※見せたい具材を最後に巻くと見栄えが良くなります。

自称ピーナッツ料理研究家 鈴木和雄 ※本業は、でん六常務取締役。
妻、息子2人、双子の娘持ち。妻との共生と脳の活性化を目指し、何より美味しいものが食べたいと週に1度家族に料理を提供して4年目になる。井上教授のお話を基にピーナッツを使ったメニューを調理します。

ピーナッツや米粉に含まれる【ケルセチン】は女性の心強い味方!

揚げピーナッツ入り生春巻き

今年は雪が少なく、暖冬だと言われています。確かに、東京でも厳寒を感じることなく、節分(立春の前日)を迎えようとしています。さて、今月は、エスニック感満載の揚げピーナッツ入り生春巻きです。低カロリーで多種の食材を摂ることが出来る早春に嬉しい料理です。生春巻きにはご存知のように、ライスペーパーを使いますが、ピーナッツと米粉の両方に含まれるのが、今注目のケルセチンです。ケルセチンは、ポリフェノールの仲間で、主要な食事性フラボノイドです。ケルセチンが含まれる身近な食材は、茶、玉ねぎ、リンゴ、ピーナッツ、米などです(Mini Rev Med Chem 2019 Jun 17.doi:10.2174/1389557519666190617150051)。ピーナッツや米粉に含まれるケルセチンは私たち自身の免疫を向上させたり、冬場に問題となるウイルスに対する抵抗性を持たせたり、さらには花粉症の症状を抑えたりすることも報告されています(Molecules 2016;21(5).pii:E623)。加えて、女性に嬉しい報告として、ケルセチンが女性ホルモン(エストロゲン)補充療法等で懸念される子宮体がんなどを抑制する可能性が発表されました(J Med Food 2015;18(12):1307-16)。この研究ではネズミの子宮を用いて、エストロゲン単独、エストロゲンとケルセチンの組み合わせ、あるいはケルセチン単独を7日間与えて、子宮の異常な細胞増殖を観察しています。その結果、図に示すように、エストロゲンを補充しても、少量のケルセチン(10あるいは50μmg/kg/日)を一緒に食べれば、子宮の異常な形態や増殖を抑えることができることが分かりました。ピーナッツ1g(1粒)にケルセチンは15.85μg含まれていますから(J Agric Food Chem 2013;61(11):2875-82)、体重50kgの方が10μmg/kgのケルセチンと摂ろうとすると32粒が適量となります。

慶應義塾大学 医学部教授 1961年福岡県生まれ。 医学博士、 理学博士。
専門分野は薬理学、 生理学。 平成22年度文部科学大臣表彰。 食と健康についての造詣が深く、 わかりやすい解説に定評があり、 雑誌 ・ テレビ出演も多い。
一覧に戻る