• マメに生きる でん六からのメッセージ
  • 商品一覧
  • 安心・安全への取り組み
  • アレルゲン検索
  • 原料産地について
  • よくあるご質問
今月のプレゼント情報
でん六メールマガジン
医学博士 井上浩義教授の知っトク!ピーナッツパワー Cook de ピーナッツ編
医学博士 井上浩義教授の知っトク!ピーナッツパワー
蔵王の森から

四季折々に表情を変える蔵王の雄大な眺めにちなみ、蔵王の森工場という名称になりました。

私たちが蔵王を選んだ理由 蔵王の森工場

川田 勘四郎先生の 四季折々の蔵王情報
トップページ > 医学博士 井上浩義教授の知っトク!ピーナッツパワー
【第11回】落花生のダイエット効果 でんちゃん

graph11

落花生はその約50%が脂肪(油)で高カロリー食ですが、既に書かせて頂いたように、その脂肪(油)の多くは良質のオレイン酸です。世界で4200万トン以上(ちなみに日本でも馴染みとなったアーモンドは約120万トン)も生産されている落花生はその栄養効果についてもたくさんの研究がなされています。今回はその中でも体重の増減について書かせて頂きます。落花生を食べた時の体重の増減については2002年に15名の健常なボランティアに通常の食事に加えて500キロカロリー(約100g)もの落花生を8週間に亘って毎日食べてもらう試験が有名です(Int J Obes Relat Metab Disord 26,1129(2002))。この研究ではボランティアはカロリー計算から3.6kg太ると予想されましたが、結果は1kgだけでした。また、1994年から1996年に調査された14262人におよぶ落花生の摂取調査をまとめた研究(J Am Coll Nutr 23,660(2004))でも、落花生を食べる人は、栄養をバランスよく摂っていることが示されました。タンパク質、食物繊維、ビタミンA、ビタミンE、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などの摂取が落花生を食べていない人よりも多かったとの結果が出ています。さらに、この疫学研究では、落花生を食べる人は食べない人に比べると肥満指数であるBMI(Body Mass Index;体重を身長で2回割って出される数値)が小さいという結果が出ています。特に子どもさんにはこの傾向が顕著でした。つまり、落花生を食べると摂っているエネルギーは大きいのに、太らないということになります。

ただし、ここでは示しませんが、短い期間だけ食べると逆に太るという研究結果もたくさん出ています。落花生は毎日少量でも構わないので習慣付けて食べるのが良いようです。ちなみに、私自身、以前から落花生は食べ易い食品だと思っていたのですがそれを数字で表したデータがありましたので最後に紹介させて頂きます(図参照)。いろいろな加工を施したアーモンドと落花生の最初のひと噛みに要する力を測定したものです。落花生は無理なく噛むことが出来ますね。これは咀嚼力が弱い子どもさんや高齢者には嬉しいことです。食べ易い落花生を毎日の食生活に活用したいものです。

慶應義塾大学 医学部教授 1961年福岡県生まれ。 医学博士、 理学博士。
専門分野は薬理学、 生理学。 平成22年度文部科学大臣表彰。 食と健康についての造詣が深く、 わかりやすい解説に定評があり、 雑誌 ・ テレビ出演も多い。
一覧に戻る