• マメに生きる でん六からのメッセージ
  • 商品一覧
  • 安心・安全への取り組み
  • アレルゲン検索
  • 原料産地について
  • よくあるご質問
今月のプレゼント情報
でん六メールマガジン
医学博士 井上浩義教授の知っトク!ピーナッツパワー Cook de ピーナッツ編
医学博士 井上浩義教授の知っトク!ピーナッツパワー
蔵王の森から

四季折々に表情を変える蔵王の雄大な眺めにちなみ、蔵王の森工場という名称になりました。

私たちが蔵王を選んだ理由 蔵王の森工場

川田 勘四郎先生の 四季折々の蔵王情報
トップページ > 医学博士 井上浩義教授の知っトク!ピーナッツパワー
【第20回】落花生と生殖機能 でんちゃん

graph20

少子高齢化の進展(65歳以上の割合:平成28年で27.3%)や晩婚化(39歳未婚率男性35.6%、女性23.1%)により、晩産化が進んでいます。1980年の第1子平均出産年齢は26.4歳だったものが、2013年には30.4歳と4年遅くなっています。これらに伴って、生殖に関する関心が高まっています。特に、目にすることが多いのが不妊治療ですが、受精に関してはまだ分かっていないこともたくさんあるのも現実です。

現在、食品と生殖の研究が進んでいます。その中でも落花生の薄皮中に含まれるレスベラトロールに関する研究は未だに動物実験の段階ですが注目を集めています。農薬の一種であるマンコゼブが起こすマウスの卵母細胞の細胞死や異常を落花生の薄皮に含まれるレスベラトロールで防ぐことが出来ることが報告されています(Oncotarget 8(4), 6233, 2017)。マンコゼブは住宅の芝生やゴルフ場、あるいは農場で使用され、その残留分はアメリカでは食品や飲料水を通して身体に入って来ると報告されています(例えば、Int J Environ Res Public Heal 8, 1402, 2011)。この研究では母マウスを農薬であるマンコゼブに暴露することによって、胎児の体重が37%も減少することが分かりました(図参照)。これに対して、飲み水の中に、レスベラトロールを1リットルあたり100mgあるいは200mg混ぜておくと胎児の体重は回復することが明らかになりました。これは、農薬による活性酸素産生や細胞死をレスベラトロールが防ぐこと意味しています。その結果、卵巣や胎児の保護につながったというものです。

この他にも、落花生には亜鉛が100gあたり2.3mgも含まれています(7訂食品栄養成分表)。男性の精液の中の唯一の金属イオンがこの亜鉛なのです。この亜鉛は前立腺から分泌されており、精液中のホルモンや酵素の働きを助けているのだと思われます。ちなみに、精液の濃度は季節要因もあり、冬の方が、精子数が増加します。

まだまだ、確かめるべきことがたくさんありますが、落花生と生殖機能の関係は興味深い研究テーマです。

慶應義塾大学 医学部教授 1961年福岡県生まれ。 医学博士、 理学博士。
専門分野は薬理学、 生理学。 平成22年度文部科学大臣表彰。 食と健康についての造詣が深く、 わかりやすい解説に定評があり、 雑誌 ・ テレビ出演も多い。
一覧に戻る