• マメに生きる でん六からのメッセージ
  • 商品一覧
  • 安心・安全への取り組み
  • アレルゲン検索
  • 原料産地について
  • よくあるご質問
今月のプレゼント情報
でん六メールマガジン
医学博士 井上浩義教授の知っトク!ピーナッツパワー
医学博士 井上浩義教授の知っトク!ピーナッツパワー Cook de ピーナッツ編
医学博士 井上浩義教授の知っトク!ピーナッツパワー
蔵王の森から

四季折々に表情を変える蔵王の雄大な眺めにちなみ、蔵王の森工場という名称になりました。

私たちが蔵王を選んだ理由 蔵王の森工場

川田 勘四郎先生の 四季折々の蔵王情報
トップページ > 医学博士 井上浩義教授の知っトク!ピーナッツパワー
【第3回】栄養治療食 プランピーナッツ でんちゃん

graph2
栄養治療食ってご存知ですか?現在、世界で約8億5000万人の人がエネルギー、タンパク質、微量栄養素(ビタミン・ミネラル)などが不足する飢餓のために、いわゆる抵抗力が落ち、感染症などの病気で苦しんでいます。特に、5歳以下の子どもたちはこの飢餓率が高く、1億4600万人が飢餓の指標となる低体重を示しています(地域は図参照)。栄養治療食は海外ではRUTF(Ready to use therapeutic food)と呼ばれており、少量で多くのエネルギーを得られるだけでなくビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富に配合され、飢餓による病気の治療に絶大な効果を発揮しています。

この栄養治療食の代表がピーナッツを主原料にした「プランピーナッツ」です。この製品は、フランスのニュトリセットという会社が開発しました。ピーナッツペースト(ピーナッツバターやジャムのようなもの)を基本にピーナッツの植物性脂肪を生かした画期的な栄養治療食です。1個は92gですが、500キロカロリーものエネルギーを得ることができます。これまで用いられて来た飢餓用粉ミルクのように清潔な水も必要なく、生後6ヶ月の乳児から大人まで飢餓による病気の治療に使うことが出来ます。また、冷蔵庫などが少ない地域では保存も重要です。この「プランピーナッツ」は2年間も常温で保存が出来る優れた食品です。製造は、粉ミルク、砂糖、油脂にピーナッツパウダーと栄養素ミックスを入れ、成型・殺菌したものですが、その栄養の重要な部分はピーナッツが担っています。また、より多くの飢餓に苦しむ人たちの手に渡るように、値段の問題も大きな要素ですが、ピーナッツは価格が安定しているだけでなく、栄養内容の割りに廉価で手に入れることが出来るために将に理想の食材となっています。

慶應義塾大学 医学部教授 1961年福岡県生まれ。 医学博士、 理学博士。
専門分野は薬理学、 生理学。 平成22年度文部科学大臣表彰。 食と健康についての造詣が深く、 わかりやすい解説に定評があり、 雑誌 ・ テレビ出演も多い。
一覧に戻る