• マメに生きる でん六からのメッセージ
  • 商品一覧
  • 安心・安全への取り組み
  • アレルゲン検索
  • 原料産地について
  • よくあるご質問
今月のプレゼント情報
でん六メールマガジン
医学博士 井上浩義教授の知っトク!ピーナッツパワー Cook de ピーナッツ編
医学博士 井上浩義教授の知っトク!ピーナッツパワー
蔵王の森から

四季折々に表情を変える蔵王の雄大な眺めにちなみ、蔵王の森工場という名称になりました。

私たちが蔵王を選んだ理由 蔵王の森工場 工場見学予約状況

川田 勘四郎先生の 四季折々の蔵王情報
トップページ > 医学博士 井上浩義教授の知っトク!ピーナッツパワー
【第5回】高オレイン酸 ハイオレイック落花生 でんちゃん

graph4
落花生を美味しく食べるためには、香り、甘味、サクサク感、そして硬度が重要です。しかし、落花生は他の食材と同様に長期間の保存によりこれらは衰えていきます。また、落花生の特徴である健康に役立つ脂肪(油)も劣化してきます。

このために品種改良されたのが、ハイオレイック落花生です。ハイオレイック落花生は英語標記では“High Oleic Peanuts”です。Highは多い、Oleicは脂肪酸のひとつのオレイン酸を表します。つまり、たくさんのオレイン酸を含む落花生の開発が長期間の保存による香りや脂肪の劣化を防ぐのです。表を見て頂くと分かるようにハイオレイック落花生は通常の落花生に比べるとオメガ6であるリノール酸が少なく、オメガ9であるオレイン酸が多いのが特徴です。

  1. オレイン酸はオリーブオイルや米油に多く含まれる油で、空気や紫外線で劣化しにくい油です。
  2. オレイン酸は加熱しても、身体に良くない過酸化脂質を作りにくいのです。
  3. オレイン酸を多く含む落花生は、落花生特有の美味しい香りがいつまでも続きます(酸敗臭が出来にくいため)。

これに加えて、現代人はオメガ6であるリノール酸を摂り過ぎていると言われています。リノール酸は、人間の身体では作ることができない必須脂肪酸ですが、摂り過ぎると善玉コレステロール(HDLコレステロール)を下げてしまうことが知られています。また、免疫力を下げて、身体の抵抗性を弱めてしまうという報告もあります。

ハイオレイック落花生は品種として確立してから年月が経っていないため、世界的な生産はまだ極く僅かです(研究もここ10年くらいの間にようやく盛んになって来ました)。現在はアメリカのテキサス州が主な産地です。このテキサス州はアメリカ全体の10%前後の生産量です。その他にはアルゼンチンやオーストラリアでも作られています。

現代の食材は日々進化していますが、ハイオレイック落花生もそのひとつなのです。

慶應義塾大学 医学部教授 1961年福岡県生まれ。 医学博士、 理学博士。
専門分野は薬理学、 生理学。 平成22年度文部科学大臣表彰。 食と健康についての造詣が深く、 わかりやすい解説に定評があり、 雑誌 ・ テレビ出演も多い。
一覧に戻る