• マメに生きる でん六からのメッセージ
  • 商品一覧
  • 安心・安全への取り組み
  • アレルゲン検索
  • よくあるご質問
今月のプレゼント情報
でん六メールマガジン
医学博士 井上浩義教授の知っトク!ピーナッツパワー Cook de ピーナッツ編
医学博士 井上浩義教授の知っトク!ピーナッツパワー
蔵王の森から

四季折々に表情を変える蔵王の雄大な眺めにちなみ、蔵王の森工場という名称になりました。

私たちが蔵王を選んだ理由 蔵王の森工場

川田 勘四郎先生の 四季折々の蔵王情報
トップページ > 海老と牡蠣のピーナッツ衣揚げ | 知っトク!ピーナッツパワー「Cook de ピーナッツ編」
海老と牡蠣のピーナッツ衣揚げ
材料 (4人前)
材料 冷凍海老 8尾
牡蠣 2パック
素焼きピーナッツ 12小袋(約108g)
小麦粉 大さじ4
パン粉 2カップ
1個
牛乳 大さじ1
タルタルソース ゆで卵 2個
玉葱 1/2個
小さじ4
マヨネーズ 大さじ5
塩・胡椒 少々
レモン汁 お好みで
作り方
  • 玉葱をみじん切りにして、辛味を飛ばすためレンジで1分加熱して、ペーパータオルで水分を拭き取る。ボールにゆで卵を入れマッシャーで潰して、みじん切りした玉葱を加え、酢、マヨネーズ、塩、胡椒、レモン汁を味見しながら入れよく混ぜる。
  • 素焼きピーナッツをビニール袋2枚重ねに入れ、タオルを下に敷き、皮付きのままスリコギ棒で細かくなるまで叩いて砕く。(たくさん作る時はフードプロセッサーで粉砕状況を見ながら作る。)
  • 冷凍エビを塩水で解凍しザルに上げる。
  • 海老の尾を切り、殻を剥き、背ワタを取る。腹面に薄く切り込みを入れ、尾から頭へ指で押して丸くならないよう筋を切っていく。塩、胡椒を少々、小麦粉をまぶす。
  • 牡蛎は塩水で手洗いして、沸騰したお湯に約5秒入れ、すぐにザルに引上げ、クッキングペーパーで水気を切り、塩、胡椒を少々、小麦粉をまぶす。
  • 卵、牛乳を入れたパットに海老、牡蠣とも漬け、砕いたピーナッツの入ったパットでピーナッツを巻きつける。隙間にパン粉をかける。
  • 170℃に熱した油で約3分フライする。油を切ってお皿に盛り付け完成。
自称ピーナッツ料理研究家 鈴木和雄 ※本業は、でん六常務取締役。
妻、息子2人、双子の娘持ち。妻との共生と脳の活性化を目指し、何より美味しいものが食べたいと週に1度家族に料理を提供して4年目になる。井上教授のお話を基にピーナッツを使ったメニューを調理します。
今回から“Cook de ピーナッツ編“が始まります。毎回、ピーナッツを使った美味しい料理が紹介されます。今回は、2月3日の節分に合わせて、鬼の金棒をイメージした海老と牡蠣のピーナッツ衣揚げです。ご存知のように節分は春夏秋冬の季節の始まりの前日です。その中でも立春の前日の2月3日が一番有名です。この日は、邪悪なものを払うために、福豆を蒔いて、年齡分だけ食す習慣が続いています・・56歳の私には歳の数だけはちょっと無理。

さて、今回の料理の主素材を、海老、牡蠣、ピーナッツと並べただけで、ミネラルが豊富なことは一目瞭然です。海と陸のミネラルをギュッと詰め込んだ料理です。このミネラルとは、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅などを指します。このミネラルは近頃、カルシウム、マグネシウム、亜鉛の組み合わせが高血圧と関係していることが指摘されています(Rocz Panstw Zakl Hig.(2015) 66(1):61-7)。また、亜鉛は歯周病との関係も研究されています(J Calif Dent Assoc. (2014) 42(5):302-11)。いずれにせよ、現代人には必須の栄養素ですね。

今回の海老・牡蠣とピーナッツの組み合わせは、ミネラル以外にも実は絶妙なのです。表を見て頂いたらお分かりのように、海老と牡蠣はその80%程度が水分です。このため、海老や牡蠣は炒めたり、揚げたりして水分を除いてやることで旨味が増すのです。水分が多いこと以外にも、海老にも牡蠣にも脂肪や炭水化物がほとんど含まれないのがお分かりだと思います。今回のピーナッツ衣揚げは海老と牡蠣に不足する脂肪や炭水化物を補充することが出来る栄養的に優れた料理です。ピーナッツに多く含まれる脂肪は悪玉コレステロールを下げるとして注目を集めているオレイン酸です。また、炭水化物は、海老や牡蠣に不足する甘みを加えて、料理全体の旨味を増します。加えて、海老や牡蠣にはほとんど含まれない食物繊維もピーナッツで豊富に摂ることが出来ます。

ちなみに、今回の料理に添えられたタルタルソースは19世紀にヨーロッパで作られた比較的新しいソースです。日本古来の伝統行事に新しいピーナッツ料理を加えてみてはいかがでしょうか。
慶應義塾大学 医学部教授 1961年福岡県生まれ。 医学博士、 理学博士。
専門分野は薬理学、 生理学。 平成22年度文部科学大臣表彰。 食と健康についての造詣が深く、 わかりやすい解説に定評があり、 雑誌 ・ テレビ出演も多い。
一覧に戻る