• マメに生きる でん六からのメッセージ
  • 商品一覧
  • 安心・安全への取り組み
  • アレルゲン検索
  • 原料産地について
  • よくあるご質問
今月のプレゼント情報
でん六メールマガジン
医学博士 井上浩義教授の知っトク!ピーナッツパワー Cook de ピーナッツ編
医学博士 井上浩義教授の知っトク!ピーナッツパワー
蔵王の森から

四季折々に表情を変える蔵王の雄大な眺めにちなみ、蔵王の森工場という名称になりました。

私たちが蔵王を選んだ理由 蔵王の森工場

川田 勘四郎先生の 四季折々の蔵王情報
トップページ > お楽しみコンテンツ > ピーナッツ胚芽ってなぁに?
ピーナッツ胚芽ってなぁに?
ピーナッツ胚芽ってなぁに?
教えて、でんちゃん!ピーナッツ胚芽ってなぁに?
胚芽とは芽と呼ばれる部位のことだよ! ちょっとマニアックだけど…胚芽の話
実は、いつも食べているピーナッツはタネ(種子)なんです!
ピーナッツ胚芽の魅力探索研究チームを結成!!
これまでの研究により
ピーナッツ胚芽には健康維持に期待される「ポリフェノール」や「アミノ酸」が、ピーナッツの実の部分よりも豊富に含まれていることがわかりました。
動物実験では、血中コレステロール値や、体内抗酸化機能の改善に効果を示す可能性のあることが分かりました。
ヒト試験では、継続的な摂取によりストレスホルモンの軽減、認知機能にプラスの効果が示されました。
※ピーナッツ胚芽以外にも、ピーナッツの魅力発見のため研究を継続して行っております。
バイオクラスター形成促進事業を活用した、ピーナッツ胚芽の魅力探索

バイオクラスター形成促進事業(山形県事業)とは、バイオ研究を活用して新製品開発等を目指す山形県内企業を支援する研究開発助成支援事業のことです。(実施機関:(公財)庄内地域産業振興センター)
株式会社でん六では、「マメに生きる」宣言をしており、当社の主力製品であるマメの菓子製品を通じてお客様が健康・元気で幸せになることを願っております。
当社にとって製品原料のマメを知ることは「マメに生きる」ために重要な使命であると位置付けています。
当社の「マメに生きる」ための研究事業の一つとしてバイオクラスター形成促進事業の支援も頂きながら、これまであまり知られていなかった「ピーナッツ胚芽」の研究に着手しています。さらに「ピーナッツ胚芽」の新たな魅力を商品という形で皆様へ発信するため製品開発事業にも取り組んでいます。

ピーナッツ胚芽チョコ
内容量
150g(個装紙込み)小袋 約16個入り
賞味期限
300日
原材料名
ピーナッツ、砂糖、植物油脂、乳糖、全粉乳、カカオマス、ココアパウダー、脱脂粉乳、乳化剤、香料
(原材料の一部に大豆を含む)
※本品製造工場では、小麦、えび、かにを含む製品を製造しています。
栄養成分1小袋9.0g(平均重量)あたり
熱量
49kcal
ナトリウム
4mg
たんぱく質
1.2g
アルギニン
3.8mg
脂質
2.8g
GABA(Y-アミノ酪酸)
0.9mg
炭水化物
4.8g
ポリフェノール
38.4mg